イルビゾンテ

イルビゾンテの偉大な職人である、ワニー・ディ・フィリッポ。

ナチュラルな革で職人がハンドメイドで作り上げたバックは使えば使うほど色が深く、革が柔らかくなり、持つ人に馴染んでいきますと語ります。

そう使い込むことこそ、革の良さを最大限に引き出す方法なのです。

イルビゾンテはフィレンツェから始まりパリやアメリカなど世界に拡大していきました。ています。

また現在では、本拠地フィレンツェをはじめミラノ、ニューヨーク更にはカナダ等各国主要都市にショップをもっており本物志向のファンに愛され続けています。

こよなく革を愛する人たちの間で根強い人気を持つイルビゾンテなのです。

イルビゾンテの一番の人気は最初にあげた、【イルビゾンテ独自の経年変化】だと思われます。

人が年齢と共にステキになっていくように、イルビゾンテの革も素晴らしい経年変化を辿っていくのです。

イルビゾンテの革が雨や日焼け・使い込んだ感じなどによって、色深く、そしてやわらかく、使い込んだ人なりの色の変化を遂げて生きます。そう世界で1つの色合いです。

いろいろな高級ブランドが革製品を手がけていますが、イルビゾンテほどの色合いを出すブランドは少ないように思います。

そのイルビゾンテの製品なのでそれなりの値段はしますが、それに負けない優雅で満足のいく革をもたらしてくれます。

値段に負けることのない「革」それがイルビゾンテなのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40428228
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。