イルビゾンテとは

イルビゾンテはイタリア・フィレンツェにあるパリオネ通り。

そのセンター街と地下鉄海岸線の通りとの間にある、オシャレなお店が建ち並ぶ街角。

イタリアの革製のBAGなどを取り扱うブランド、イルビゾンテのオンリーショップがその並びにあります。

1945年にベネチアの近くで生まれた創業者ワニー・ディ・フィリッポは、父と同じカラビニエーリ(イタリアの警官)や車のパーツの販売を経験しながらパリのアートスクールの、なんと通信講座でアートを学んだのです。

その後、妻のナディアの親類が経営する工場で鞄作りを学び習得した彼は、1969年、フィレンツェの高級店街から一本入ったパリオーネ通りに高級鞄&革小物のイル ビゾンテを創業し、妻のナディアと注文に応じて地下室でこつこつとバッグやベルトを作り、販売していたのが始まりです。

腕のよい作品が多かったのでしょう。イルビゾンテは、やがてフィレンツエの他のお店からもオーダーが入るようになり、その中のひとつで友人のいた「プリンチペ」にイルビゾンテの商品を置いたことから、アメリカ人のバイヤー等の目にとまり、少しづつパリやアメリカなど世界に拡大していきました。

1990年には同じ通りの現在のショップの場所に少し大きくなって店は移り、現在では、本拠地イタリア・フィレンツェをはじめミラノ、ニューヨーク更にはカナダ、日本等各国主要都市にショップをもっています。世界中の革製品の愛好家、本物志向のファンに愛され支持され続けています。

彼のこだわりと仕事の丁寧さ、そしてイルビゾンテの飽きのこないデザイン。そんな作品が世界各国で認められている理由となっているのでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40428368
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。