IL BISONTE(イル・ビゾンテ)

イルビゾンテはイタリアの有名ブランドです。フィレンツェが本店です。それだけ聞いただけでも、何かオリジナリティがあって、他のブランドとは違う良さを持っていそうですよね。

ブランド名もなっている、IL BISONTE(イル・ビゾンテ)とは、イタリア語で水牛という意味で、オリジナルマークとして使用されています。

これはバックはもちろん、手帳やお財布にも刻印されているので、見かけたことがある人が多いのではないでしょうか。あれ水牛だったんですね。

イルビゾンテの革は、使い込むほどにあめ色に変化していくのが魅力的です。

イルビゾンテのナチュラルなレザー製品は、職人がハンドメイドで作り上げていて、使用環境や生活環境によりあなただけのオリジナル・イルビゾンテになり、使えば使うほど色が深く、また革が柔らかくなり、持つ人に馴染んでいくのです。

その変化の過程がすばらしく、この革に魅了されている人も少なくありません。バックもそうですが、使用頻度の高いお財布や手帳もその良さを発揮してくれます。

使い込んでいる革の質感。なにかオシャレでイキな感じがするのは私だけでしょうか?どのタイプも(バック・財布・手帳など)何種類か色があり、この色の変化が楽しめるのです。

茶色以外はそんなに変化がないと思われている方、全くそんなことはありません。使用されると分かりますが、イルビゾンテの革の良さは新品よりむしろ使用後に出るのです。

それも使い込んだ分だけ、イルビゾンテの良さが分かる。

イタリアのブランドの名に恥じることなく、イルビゾンテは何十年もの間、革にこだわり、品質にこだわり、縫製にこだわり、何年経っても飽きの来ないデザインを作り上げました。そんなイルビゾンテは、世界中の愛好家を魅了し続けています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40428497
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。